ホンダ ジョン・サーティース氏の追悼展示を開催

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]

ra300 ホンダ

2017年3月10日に83歳で逝去した、元F1ドライバーのジョン・サーティース氏の追悼展示が、東京都港区にあるHondaウエルカムプラザ青山で2017年3月に開催された。

ジョン・サーティース氏は二輪ロードレース世界選手権とF1世界選手権の両方でチャンピオンを獲得した唯一のドライバーで、ホンダF1の黎明期に多大な貢献をした。

今回の追悼展示では、ジョン・サーティース氏のドライブでホンダにF1での2勝目をもたらしたマシンが展示された。

HONDA RA300(1967年)

ra300 ホンダ

1967年(昭和42年)、RA273に替わり第9戦イタリアGPから参戦したRA300。
ジョン・サーティース氏の仲介によってローラ・カーズ社の協力を得て急きょ制作されたこのマシンは、インディ500用のT90のシャシーをベースに軽量化され、RA273より60㎏近く仕上がった。

わずか6週間で制作されたため、十分なテスト走行もできずデビューしたRA300は予選9位からのスタートだったが、終盤にはトップ争いに加わり、ブラバムを0.2秒差で制して劇的な勝利を収め、ホンダに2勝目をもたらした。

ra300 ホンダ

ra300 ホンダ

ra300 ホンダ

クルマ市場をフォローする

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]