トヨタ 「箱根駅伝を駆け抜けたランナーとクルマ」を開催

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]

三菱ジープ

東京・台場にあるトヨタのショールーム「メガウェブ」内にあるヒストリーガレージでは、2016年11月18日から2017年1月29日にかけて、「箱根駅伝を駆け抜けたランナーとクルマ」という展示イベントが行われた。
展示車を全車紹介する。

箱根駅伝を駆け抜けたランナーとクルマ

三菱ジープ(1968年)

三菱ジープ

戦後、アメリカのウィリス・オーバーランド社とのライセンス生産契約により三菱自動車工業が生産したモデルを「三菱ジープ」と呼び、自衛隊や警察などの公用車からレジャーまで広く使われた。
箱根駅伝で併走車としても長く活躍した三菱ジープは、箱根駅伝を語る上で欠かせない1台である。

ホンダ VFR800P(2002年)

ホンダ VFR800P

箱根駅伝でおなじみの先導用白バイ。
箱根駅伝では警視庁と神奈川県警の交通機動隊の協力により、選抜された隊員がランナーの安全な走りを支える。
展示車は1998年に発売されたホンダVFR800をベースに白バイ仕様としたもの。

フォード モデルTツーリング(1914年・アメリカ)

フォード モデルTツーリング

1908年の誕生以来、世界各国で製造販売され、自動車の大衆化に最も貢献したのがフォードモデルTである。
1925年には横浜に工場が作られ、それ以降は日本でも生産された。
展示車は最も人気が高かったフェートン(幌型)というボディタイプで、戦前の箱根駅伝でも併走車として用いられたのと同型車。

トヨタ AB型 フェートン(1938年)

トヨタ AB型 フェートン

1936年、トヨタ初の生産型乗用車としてデビューしたAA型をフェートン(幌型)形式にしたモデルで、ほとんどが陸軍に納められ、一般の手にはあまり渡らなかった。
AA型とはフロントガラスから後ろが全く異なり、リアドアの開き方もAA型の観音開きに対してオーソドックスな後ろ開きとなっている。

1936年から1938年までに353台が生産され、当時の価格は3,300円。
展示車は終戦直後に千葉の航空隊から譲り受けた法政大学自動車部が使用していた車両で、箱根駅伝の併走車としても使われた。

トヨペット クラウン(1955年)

トヨペット クラウン

他社が欧米自動車メーカーと技術提携を行う中、トヨタが1955年に発売した純国産の本格的な乗用車。
当時の国産乗用車はトラック用シャーシに乗用車ボディを架装したタクシー用がほとんどだったが、クラウンは乗り心地に優れた前輪独立懸架を採用するなど、当初から自家用車を想定して開発された。
1960年頃、箱根駅伝で各大学の併走車に使われたのと同型車。

ダットサン 1000トラック 220型(1958年)

ダットサン 1000トラック 220型

ダットサントラックの4代目となる220型は、1957年に登場した。
エンジンとシャーシはセダンの210型と共用で、988㏄直列4気筒OHVのC型エンジンを搭載していた。
1958年には日産車として初めてアメリカに輸出された。
展示車は1960年頃、箱根駅伝の併走車として使われたのと同型車。

ホンダ FCX(2005年)

ホンダ FCX

本田技研工業が生産・リース販売していた燃料電池車で、1999年東京モーターショーで発表後、2004年の第80回箱根駅伝から大会本部車として使用された。
展示車は2005年の第81回箱根駅伝で使用された実車で、自社開発の燃料電池スタック「Honda FC STACK」を搭載し、低温始動性や走行性能の高さを証明した。

ホンダ FCXクラリティ(2009年)

ホンダ FCXクラリティ

2008年から本田技研工業がリース販売を開始した燃料電池車。
走行中にCO2を全く排出しない究極の環境性能に加え、航続距離620㎞とするなど、クルマとしての新しい価値と魅力を提供している。
2009年、2010年には箱根駅伝の大会本部車として使用された。

トヨタ MIRAI(2015年)

トヨタ MIRAI

MIRAIは、将来有力なエネルギーである水素を空気中の酸素と化学反応させて、自ら発電して走るというモビリティの新たな幕開けを告げるクルマとして開発された。
一目でわかるデザイン、静粛性や低重心化による走りの楽しさ、大容量外部電源供給システム、専用通信サービスなど次世代車にふさわしい価値を提供している。
2015年の第91回箱根駅伝で大会会長車・大会本部車として使用された同型車。

トヨタ プリウスPHV(2015年)

トヨタ プリウスPHV

プリウスPHVは電動車両の早期本格普及を目指して開発された。
EV走行距離は26.4㎞、PHV燃費61.0㎞/lを実現するなど、EVとHVの2つの特性を活かし、環境性能と走行性能を高次元で両立させている。
展示車は2014年の第90回箱根駅伝で大会会長車として使われた同型車。

クルマ市場をフォローする

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]