トヨタ セリカST185型 オーストラリアラリー優勝車を展示

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]

セリカ オーストラリアラリー優勝車

東京・台場にあるトヨタのショールーム「メガウェブ」内の「ヒストリーガレージ」で、「トヨタWRC参戦の系譜」という展示イベントが、2016年6月24日から9月4日まで開催された。
このイベントでは、トヨタの歴代のラリーカーが展示された。

9台が展示されたこのイベントから、今回はセリカのオーストラリアラリー優勝車を紹介する。

セリカ GT-Four オーストラリアラリー優勝車(ST185型・1993年)

セリカ オーストラリアラリー優勝車

ST165の後継として1992年から実戦に投入された。
1992年はカルロス・サインツが2度目のドライバーズチャンピオンを獲得。
1993・1994年は合計13勝を挙げ、2年連続のマニュファクチャラーズ&ドライバーズのダブルタイトルを獲得し、黄金期を築いた。

セリカ オーストラリアラリー優勝車

全長:4,410㎜
全幅:1,745㎜
全高:1,300㎜
ホイールベース:2,525mm
車両重量:1,200㎏以上
エンジン型式:水冷直列4気筒DOHCターボチャージャー(3S-GTE改)
排気量:1,988㏄
最高出力:299ps(220kW)/5,700rpm
サスペンション(前後共):マクファーソンストラット

セリカ オーストラリアラリー優勝車

クルマ市場をフォローする

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]