トヨタ カローラWRカーを展示

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]

カローラWRカー

東京・台場にあるトヨタのショールーム「メガウェブ」内の「ヒストリーガレージ」で、「トヨタWRC参戦の系譜」という展示イベントが、2016年6月24日から9月4日まで開催された。
このイベントでは、トヨタの歴代のラリーカーが展示された。
9台が展示されたこのイベントから、今回はカローラのWRカーを紹介する。

カローラ WRカー(プロトタイプ・1997年)

カローラWRカー

1997年からの「WRカー」規定に基づいて開発したラリーカーで、欧州向けカローラをベースとした4WDマシン。
通算4勝を挙げ、1999年にはマニュファクチャラーズチャンピオンを獲得。

カローラWRカー

全長:4,100㎜
全幅:1,770㎜
全高:1,365㎜
ホイールベース:2,465㎜
車両重量:1,230㎏
エンジン型式:水冷直列4気筒DOHCターボチャージャー(3S-GTE改)
排気量:1,998㏄
最高出力:299ps(220kW)/5,700rpm
サスペンション:マクファーソンストラット(前後共)

カローラWRカー

クルマ市場をフォローする

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]