トヨタ トヨペットクラウンを展示

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]

トヨペット クラウン

東京・台場にあるトヨタのショールーム「メガウェブ」内の「ヒストリーガレージ」で、「トヨタWRC参戦の系譜」という展示イベントが、2016年6月24日から9月4日まで開催された。
このイベントでは、トヨタの歴代のラリーカーが展示された。

9台が展示されたこのイベントから、今回は初代クラウンを紹介する。

トヨペット クラウン 豪州ラリー参戦車レプリカ(RSD型・1957年)

トヨペット クラウン

1957年の「第5回豪州一周ラリー」に日本車として初めて参加。
47位で完走を果たして日本車の性能を世界に示すとともに、その後の国際的なモータースポーツ活動のさきがけとなった。

全長:4,285㎜
全幅:1,680㎜
全高:1,525㎜
ホイールベース:2,530㎜
車両重量:1,240㎏
エンジン型式:水冷直列4気筒OHV
排気量:1,453㏄
最高出力:48hp(36kW)/4,000rp

トヨペット クラウン

クルマ市場をフォローする

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]