トヨタ セリカツインカムターボ サファリラリー優勝車を展示

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]

トヨタ セリカツインカムターボ

東京・台場にあるトヨタのショールーム「メガウェブ」内の「ヒストリーガレージ」で、「トヨタWRC参戦の系譜」という展示イベントが、2016年6月24日から9月4日まで開催された。
このイベントでは、トヨタの歴代のラリーカーが展示された。

9台が展示されたこのイベントから、今回はセリカツインカムターボのラリーカーを紹介する。

セリカ ツインカムターボ(TA64型・1985年)

トヨタ セリカツインカムターボ

1983年から「グループB」で争われるWRC参戦用として、セリカをベースに開発したラリーカー。
4WDやミッドシップのライバル車の中で奮戦し、サファリラリー3連勝など、主に耐久ラリーで活躍した。

トヨタ セリカツインカムターボ

全長:4,284㎜
全幅:1,785㎜
全高:1,310㎜
ホイールベース:2,500㎜
車両重量:1,150㎏
エンジン型式:水冷直列4気筒DOHCターボチャージャー(4T-GTE改)
排気量:2,090㏄
最高出力:326ps(240kW)/7,200rpm
サスペンション(前/後):マクファーソンストラット/4リンクリジッド

トヨタ セリカツインカムターボ
トヨタ セリカツインカムターボ

クルマ市場をフォローする

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]