オートモビルカウンシル2016 日産ブース

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]

プリンス・スカイラインGT

2016年8月5日~7日まで、千葉県の幕張メッセで、「オートモビルカウンシル2016」が開催された。
このイベントは、「クラシック ミーツ モダン」をコンセプトに、ヘリテージカーショップやパーツショップ、各自動車メーカーが参画する日本初の「名車」イベント。
自動車がもつ豊かな文化や歴史の側面をフィーチャーする。

日産自動車の展示テーマは「日産・プリンスとの融合50年」で、4台を展示した。

プリンス・スカイラインGT S54A-1型

プリンス・スカイラインGT

一度きりとはいえ満員の鈴鹿サーキットのグランドスタンド前をポルシェのミドエンジン・レーシングスポーツ、カレラGTS(904)を従えて通過する。
1964年に開催された第2回日本GPで現実となったこの快挙が、今に連なる「スカイライン神話」の始まり。

プリンス・スカイラインGT

R380‐Ⅰ

結局この時は破れたものの、ポルシェに対抗するため直6 DOHC24バルブ2リッター・ユニットをミドシップしたR380を開発して臨んだ第3回日本GPでは見事雪辱に成功。

R380‐Ⅰ
R380‐Ⅰ

スカイラインGT-R KPGC10型

プリンスとニッサンが合併したのはその直後。
R381、R382といったモンスターマシーンでビッグレースを制し続けただけでなく、オイルショック後もR380の血を引くエンジンを積んだ量産車ベースのスカイライン2000GT-Rでレース界に君臨した。

スカイラインGT-R
スカイラインGT-R

GT-R 2017年モデル

GT-R 2017年モデルの概要はこちら

GT-R 2017年モデル
GT-R 2017年モデル

クルマ市場をフォローする

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]