オートモビルカウンシル2016 マクラーレンブース

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]

マクラーレンF1

2016年8月5日~7日まで、千葉県の幕張メッセで、「オートモビルカウンシル2016」が開催された。
このイベントは、「クラシック ミーツ モダン」をコンセプトに、ヘリテージカーショップやパーツショップ、各自動車メーカーが参画する日本初の「名車」イベント。
自動車がもつ豊かな文化や歴史の側面をフィーチャーする。

マクラーレンで知られるMcLaren AUTOMOTIVE ASIA PTE LTDは、2台のスポーツカーを出展した。

マクラーレンF1(ロードカー)

マクラーレンF1

F1のトップ・コンストラクターであるマクラーレン。
彼らがロードカー生産に乗り出したのは1993年のこと。
鬼才コードン・マーレーが一切の妥協を廃して生産化にこぎ着けた究極のミドエンジンV12、それが「F1」だった。

マクラーレンF1
マクラーレンF1

570GT

マクラーレン570GT

「F1」から23年。
本格的スポーツカーメーカーを目指すマクラーレン・オートモーティブの最新作570GTがオートモビルカウンシル2016で日本初公開された。

ミドエンジン2シーターでありながらリアに“ツーリングデッキ”と呼ぶラゲッジ・コンパートメントを用意。
ジャガーEタイプさながらリアのガラスハッチが横ヒンジで開く姿はスタイリッシュ。

マクラーレン570GT

クルマ市場をフォローする

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]