スバル SUBARU VIZIV 2 CONCEPTを展示

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]

SUBARU VIZIV 2 CONCEPT

東京・恵比寿にあるスバル本社ショールームでは、2015年9月17日から10月20日まで、歴代のスバル車を展示する「六連星(むつらぼし)の名車展」が開催された。

今回はSUBARU VIZIV 2 CONCEPTを紹介する。

SUBARU VIZIV 2 CONCEPT 2014年(平成26年)ワールドプレミア

SUBARU VIZIV 2 CONCEPT

2014年、ジュネーブ国際モーターショーで「SUBARU VIZIV 2 CONCEPT」が発表された。
2013年東京モーターショーで披露された「SUBARU VIZIV EVOLUTION CONCEPT」に続く、次世代クロスオーバーコンセプトである。

SUBARU VIZIV 2 CONCEPT

モデル名の「VIZIV」は”Vision for Innovation”の造語で、スバルブランドの提供する価値である「安心と愉しさ」を追求する姿勢を表現している。
ユーティリティの高い4ドアとしながらも、スポーティなキャビンは継承している。
スタイリッシュなボディながらもロングツーリングでも大人4人が快適にドライブを楽しめるユーティリティを確保。
デザインテーマである「躍動感:Dynamic」「塊感:Solidity」をより強く表現しながらも、スバル車に共通するモチーフを継承。

SUBARU VIZIV 2 CONCEPT

技術的には欧州だけではなく日本など多くの市場でもニーズのある小排気量ターボエンジンをベースとしたハイブリッドシステムとした。
オートパイロットシステムも、安心と愉しさのための重要な技術の一つと位置付け、織り込んでいる。
走りと環境性能、デザインとユーティリティなど相反する要件を高次元で両立させ、あらゆる路面状況、走行環境、使用用途においても「安心と愉しさ」を感じられる次世代クロスオーバーコンセプトである。

SUBARU VIZIV 2 CONCEPT

SUBARU VIZIV 2 CONCEPT(コンセプトカー)
2014年(平成26年)ワールドプレミア

全長:4,435㎜
全幅:1,920㎜
全高:1,530㎜
ホイールベース:2,730㎜
エンジン:1.6リッター水平対向直噴ターボDITエンジン
トランスミッション:高トルク対応リニアトロニック
モーター:埋め込み式永久磁石 フロント×1 リア×2
バッテリー:リチウムイオンバッテリー
タイアサイズ:245/45ZR20
乗車定員:4名
AWDシステム:リア独立モーター駆動タイプシンメトリカルAWDシステム

クルマ市場をフォローする

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]