スバル ジャスティ4WDを展示

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]

ジャスティ4WD

東京・恵比寿にあるスバル本社ショールームでは、2015年9月17日から10月20日まで、歴代のスバル車を展示する「六連星(むつらぼし)の名車展」が開催された。

今回はジャスティ4WDを紹介する。

ジャスティ4WD 1987年(昭和62年)

ジャスティ4WD

国内の自動車市場が成熟期を迎え、リッターカーに対するニーズが高まった1980年代前半、スバルから満を持して登場したクルマが「ジャスティ4WD」である。
その名に込められたジャストな車両サイズに3ドアまたは5ドアを備えたこのハッチバックは、市場にひしめくリッターカーを凌駕する革新的な技術を搭載していた。

ジャスティ4WD

オランダのVDT社との共同開発によって世界で初めて開発に成功した「スバルECVT」は、ギアを使わない電子制御電磁クラッチ式無段階変速機によって、画期的なイージードライブを実現。
この革新的なトランスミッションは燃費向上にも貢献し、アメリカでは3年連続で燃費ベストカーに選ばれる快挙も達成している。
ジャスティで培われたCVT技術はスバルのコアテクノロジーの一つとして、現在も不断の開発が続けられている。

ジャスティ4WD

ジャスティ4WD 1987年(昭和62年)

全長:3,535㎜
全幅:1,535㎜
全高:1,390㎜
車両重量:720㎏
エンジン型式:EF10(水冷4サイクルOHC直列3気筒)
排気量:997㏄
最高出力:63ps/6,000rpm
最大トルク:8.5kgm/3,600rpm
トランスミッション:前進5段/後退1段
乗車定員:5名
タイア:145-SR12
最高速度:145km/h
駆動方式:4WD

クルマ市場をフォローする

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]