12代目クラウン クラウン60周年記念展~継承と革新~

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]

12代目クラウン

東京・台場にあるメガウェブでは、2015年7月17日から10月18日まで、「クラウン60周年記念展~継承と革新~」が開催され、歴代クラウン展示と過去のクラウンのポスター・カタログ展示が行われた。
今回は12代目クラウンを紹介する。

トヨタ クラウン(GRS182型 ハードトップロイヤルサルーンG・2003年)

12代目クラウン

21世紀初頭、日本市場が小型低燃費車に移行し、セダンが売れなくなってミニバンとコンパクトカーの全盛期を迎えていた時代。
日本の高級セダンの伝統を守ってきたクラウンにも大きな変革が望まれた。

12代目クラウンのキャッチコピーは「ZERO CROWN」。
クルマ造りの原点に立ち返り、デザインだけでなくメカニズムも大幅に変更され、プラットフォームやサスペンションをはじめエンジンもV型6気筒に一新された。

12代目クラウン

クルマ市場をフォローする

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]