7代目クラウン クラウン60周年記念展~継承と革新~

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]

7代目クラウン

東京・台場にあるメガウェブでは、2015年7月17日から10月18日まで、「クラウン60周年記念展~継承と革新~」が開催され、歴代クラウン展示と過去のクラウンのポスター・カタログ展示が行われた。
今回は7代目クラウンを紹介する。

トヨタ クラウン(MS125型 ハードトップ ロイヤルサルーン・1986年)

「いつかはクラウン」のキャッチコピーとともに華やかにデビューした。
当時の日本経済は右肩上がりのバブル前夜だった。

7代目クラウン

開発テーマは「世界最高級のプレステージサルーン」で、世界唯一のフルフレーム式4輪独立懸架の採用で、防振・防音性能を向上させ世界トップレベルの静粛性を達成。

セダンに代わり4ドアハードトップがシリーズの中核を成すようになった。

7代目クラウン

クルマ市場をフォローする

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]