2代目クラウン クラウン60周年記念展~継承と革新~

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]

2代目クラウン

東京・台場にあるメガウェブでは、2015年7月17日から10月18日まで、「クラウン60周年記念展~継承と革新~」が開催され、歴代クラウン展示と過去のクラウンのポスター・カタログ展示が行われた。
今回は2代目クラウンを紹介する。

トヨペット クラウン(RS41型・1963年)

1959年に日産セドリック、1960年にプリンスグロリアが発売され、クラウンのシェアは次第に低下していった。

2代目クラウン

このような中、初代からの伝統を受け継ぎ乗り心地、操縦性だけでなく、初代の対米輸出の反省から外国車に比肩する耐久性、高速安定性を目標に開発された。
X型フレームや直線基調の近代的デザインが特徴。

2代目クラウン

クルマ市場をフォローする

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]