初代クラウン クラウン60周年記念展~継承と革新~

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]

初代クラウン

東京・台場にあるメガウェブでは、2015年7月17日から10月18日まで、「クラウン60周年記念展~継承と革新~」が開催され、歴代クラウン展示と過去のクラウンのポスター・カタログ展示が行われた。
今回は初代クラウンを紹介する。

トヨペット クラウン(RS-L型・1958年)

初代クラウン

他社が海外メーカーと技術提携する中、トヨタが独力で開発した純国産乗用車。

初代クラウン

前輪独立懸架の採用など、純然たる自家用車として開発された。1958年8月からはアメリカにも輸出されたが、パワー不足、振動、オーバーヒートなどによって1960年12月に輸出中止となった。
赤い展示車は初期にアメリカに輸出された車両である。

初代クラウン
初代クラウン

クルマ市場をフォローする

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]