トヨタ スポーツ800(1965年 浮谷東次郎車レプリカ)

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]

トヨタ スポーツ800

東京・台場にあるトヨタメガウェブ内のヒストリーガレージでは、2015年3月13日から5月31日まで「トヨタ モータースポーツコレクション」というイベントが開催され、トヨタのモータースポーツの歴史を彩った名車たちが展示された。

今回はその中から、トヨタ スポーツ800を紹介する。

トヨタ スポーツ800(1965年 浮谷東次郎車レプリカ)

トヨタ スポーツ800

1965年7月に開催された「全日本自動車クラブ選手権レース大会」において、浮谷東次郎は序盤のアクシデントによる遅れを挽回し、逆転優勝を飾った。

翌月、練習中の事故で亡くなった浮谷は、伝説のレーサーとして語り継がれている。

トヨタ スポーツ800

全長:3,580㎜
全幅:1,465㎜
全高:1,175㎜
ホイールベース:2,000㎜
車両重量:580㎏
エンジン型式:空冷水平方向2気筒ツインキャブ
排気量:790㏄
最高出力:45ps
最大トルク:6.8㎏m

トヨタ スポーツ800

クルマ市場をフォローする

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]