トヨタ セリカ GT-FOUR 1993年WRC参戦車

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]

トヨタ セリカ GT-FOUR 1993年WRC参戦車

東京・台場にあるトヨタメガウェブ内のヒストリーガレージでは、2015年3月13日から5月31日まで「トヨタ モータースポーツコレクション」というイベントが開催され、トヨタのモータースポーツの歴史を彩った名車たちが展示された。

今回はその中から、トヨタ セリカ GT-FOUR 1993年WRC参戦車を紹介する。

トヨタ セリカ GT-FOUR 1993年WRC参戦車

トヨタ セリカ GT-FOUR 1993年WRC参戦車

ユハ・カンクネンがドライブし、サファリラリー、アルゼンチンラリー、1000湖ラリー、RACラリーで優勝した。
WRC(世界ラリー選手権)において1993年に2年連続のドライバーズチャンピオンを獲得。
また、日本車として初めてドライバーズチャンピオンとマニファクチャラーズチャンピオンの2冠を獲得した。

トヨタ セリカ GT-FOUR 1993年WRC参戦車

全長:4,410㎜
全幅:1,745㎜
全高:1,300㎜
ホイールベース:2,525㎜
車両重量:1200㎏以上
エンジン型式:3S-GTE(直列4気筒DOHC16バルブターボ)
排気量:1,998㏄
最高出力:299ps
最大トルク:45.9㎏m

トヨタ セリカ GT-FOUR 1993年WRC参戦車

クルマ市場をフォローする

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]