マツダ デミオのディーゼルエンジンを展示

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]

マツダ デミオのディーゼルエンジン

マツダは、デミオのディーゼルエンジン「SKYACTIV-D1.5」のカットモデルを2014年10月25・26日に開催された「モータースポーツジャパン フェスティバル・イン・お台場2014」に出展した。

デミオのディーゼルエンジンSKYACTIV-D1.5

デミオに搭載されたディーゼルエンジン「SKYACTIV-D1.5」は、アテンザやCX-5、アクセラに採用されている「SKYACTIV-D2.2」と同じく理想の燃焼効率を追求することで、トルクフルかつ高回転までリニアに加速する動力性能と優れた環境性能を実現している。

燃焼効率を向上させるための段付きエッグ燃焼室のピストン形状がカットモデルで観ることができる。
この他にもSKYACTIV-D1.5には全域で豊かなトルクを得るためのシングルVGターボ、素早い加速応答性のためのロープレッシャーEGRを採用。
水冷インタークーラーをインレットマニホールドに内蔵することでコンパクトカーへの搭載を可能とした。

クルマ市場をフォローする

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]