日産、ゼクセルスカイラインを展示

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]

ゼクセルスカイライン

日産自動車は、1991年のスパ24時間レースで優勝したスカイラインGT-R「ゼクセルスカイライン」を2014年10月25・26日に開催された「モータースポーツジャパン フェスティバル・イン・お台場2014」に出展した。

スパ24時間レースで総合優勝

R32型スカイラインGT-Rは、国内のグループAレースだけでなく海外でも活躍した。

1990年(平成2年)から1992年(平成4年)まで、世界三大24時間レースの一つであるスパ・フランコルシャン24時間レースに参戦した。

1991年(平成3年)は展示車である25号車を服部尚貴/アンデルス・オロフソン/デイビッド・ブラバム組が最高速・最長走行距離の記録を更新し、2位のポルシェ911を20周以上引き離して日本車初の総合優勝を果たした。

ゼクセルスカイライン(1991年 BNR32型 スパ24時間レース総合優勝車両)主要諸元

全長:4,545㎜
全幅:1,755㎜
全高:1,340mm
ホイールベース:2,615㎜
トレッド(前/後):1,610/1,530㎜
車両重量:1,250㎏以上
サスペンション(前/後):マルチリンク/マルチリンク
ブレーキ(前/後):ベンチレーテッドディスク(前後共)
タイア(前/後):265-700-18/265-700-18
エンジン型式:RB26DETT(直列6気筒・DOHC・ツインターボ)
総排気量:2,568㏄
最高出力:405kW(550ps)以上/7,600rpm
最大トルク:490N・m(50.0kgm)以上/6,000rpm

クルマ市場をフォローする

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]