スバル インプレッサを改良

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]

スバル インプレッサ

富士重工業は、「スバル インプレッサSPORT/G4」に改良を施して2014年11月25日に発売した。

先進安全機能を大幅に進化させたアイサイト(ver.3)を搭載し、操舵支援機能であるアクティブレーンキープをはじめ、プリクラッシュブレーキや全車速追従機能付クルーズコントロールの性能を向上させた。

スバル インプレッサSPORT/G4を改良

外観はフロントフェイスを変更してスポーティな印象とし、内装には金属調の加飾で質感を高めた。

サスペンションの設定変更による乗り心地向上や、吸音材の追加による騒音・振動対策で高い静粛性を実現した。
2.0リッターエンジンはフリクション低減によって燃費を向上。
2WD:17.6km/?、AWD:16.2 km/?(JC08モード)となった。

また、ステアリングギア比を16.0:1から14.5:1に変更したことでハンドリングと取り回しの良さを向上させた。
(写真:富士重工業)

クルマ市場をフォローする

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]