手塚治虫氏とタイアップした三輪自動車 三菱オートギャラリー展より

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]

三菱 レオ

三菱自動車本社ショールームでは、2014年9月4日~16日まで「時代を生きた名車たち 三菱オートギャラリー展」が開催され、愛知県岡崎市にある三菱オートギャラリー所蔵の車両が展示された。

今回は漫画家の手塚治虫氏とタイアップした三輪自動車「レオ」を紹介する。

レオ(1959年)

1959年(昭和34年)に発売された三菱初の軽自動車はレオという三輪自動車だった。
レオという名前は手塚治虫氏の人気漫画「ジャングル大帝」とタイアップして名付けられた。

トラック・バンともに積載量は300㎏で、主に都市の小口配達用として使われた。
三輪軽自動車として日本初の密閉式オールスチールキャビンや2灯式ヘッドランプを装備し、1962年(昭和37年)に生産が打ち切られるまで合計28,000台が生産された。

手塚治虫氏の「ジャングル大帝」とタイアップした、当時のポスターも展示された。

全長:2,830㎜
全幅:1,280㎜
全高:1,520㎜
総排気量:309㏄
最高出力:13ps

クルマ市場をフォローする

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]