世界初の可変バルタイ 4G63シリウスダッシュ 三菱オートギャラリー展より

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]

4G63シリウスダッシュ

三菱自動車本社ショールームでは、2014年9月4日~16日まで「時代を生きた名車たち 三菱オートギャラリー展」が開催され、愛知県岡崎市にある三菱オートギャラリー所蔵の車両の他、エンジンも展示された。

今回は4G63シリウスダッシュを紹介する。

4G63シリウスダッシュ(1984年スタリオン/ギャランシリーズ)

シリウスダッシュエンジンは1984年(昭和59年)に世界初の可変バルブタイミング機能をギャランΣ(シグマ)に搭載。

2ステージで作動する3by2バルブシステムを採用し、走行状況に応じて作動するバルブの数を調整するG63Bエンジンとして発表された。

展示されたエンジンは4G63で、1984年にスタリオンのラリー仕様車にインタークーラーターボを組み合わせて搭載された。

水冷4気筒 4サイクルガソリンエンジン
排気量:1,997㏄
ボア×ストローク:85.0×88.0㎜
バルブシステム:OHC
最高出力:200ps/6,000rpm
最大トルク:28.5kg-m/3,500rpm

クルマ市場をフォローする

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]