ダイハツ デカデカの市販版を東京モーターフェス2014に展示

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]

ダイハツ デカデカ

デカデカの市販版はウルトラスペースな新型車

東京モーターフェス2014では、ダイハツが2013年東京モーターショーに展示した軽自動車のコンセプトカー「デカデカ」の市販版と言われる軽自動車が展示された。

発売前ということでボディ全体にはディテールが分からないようなラッピングが施されている。

1,835㎜の全高と1,455㎜の室内高を持つ。
この1,455㎜の室内高は、2014年9月時点では軽自動車最大となる。

ドアミラー部とテールランプには整流用のフィンが一体成型され、車体左右の気流を整えて直進安定性を高める工夫がなされている。

全長:3,395㎜
全幅:1,475㎜
全高:1,835㎜

クルマ市場をフォローする

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]