ギャランVR-4 三菱オートギャラリー展より

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]

ギャランVR-4

三菱自動車本社ショールームでは、2014年9月4日~16日まで「時代を生きた名車たち 三菱オートギャラリー展」が開催され、愛知県岡崎市にある三菱オートギャラリー所蔵の車両が展示された。

今回はギャランVR-4を紹介する。

ギャランVR-4(1987年)

1987年(昭和62年)発売の6代目ギャランは、新しい高性能化時代のイージードライブを実現したアクティブな車。

イメージリーダーであるVR-4は「ACTIVE FOUR」(フルタイム4WD、4WS、4IS、4ABS)を搭載した最上級グレード。

クラストップレベルの205psを発揮する2リッターターボエンジンを搭載し、三菱車として初めて1987-1988年日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。

世界ラリー選手権(WRC)でも活躍し、1991年のアイボリーコーストラリーでは日本車・日本人ドライバー(篠塚健次郎氏)のオールジャパン体制で初優勝した。

全長:4,560㎜
全幅:1,695㎜
全高:1,440㎜
総排気量:1,997㏄
最高出力:205ps

クルマ市場をフォローする

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]