メルセデス・ベンツ「SLKクラス」の装備内容を充実

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]

メルセデス・ベンツ日本株式会社は、 メルセデス・ベンツ「SLKクラス」のモデルラインアップ変更と装備内容を充実し、2014年8月5日から発売した。

新たに設定されたモデルは「SLK200 Trend+」「SLK200 Exclusive」の2種類。

「SLK200 Trend+」にはミリ波レーダーを用いた自動ブレーキ「レーダーセーフティパッケージ」やシートヒーター、自動防眩ミラーを装備し、AMGスタイリングパッケージをオプション設定した。

「SLK200 Exclusive」にはレーダーセーフティパッケージ」の他、超音波センサーのよって周囲の障害物を測定する「パークトロニック」を装備。

この他、「SLK200 MT」にはシートヒーターと自動防眩ミラーが標準装備された。

いずれのモデルも価格は従来モデルから据え置きでSLK200 Trend+:512万2000円、SLK200 Exclusive:620万円、SLK200 MT:499万円となっている。

クルマ市場をフォローする

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]