マツダ アクセラを一部改良

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]

マツダは、アクセラに新グレード「15S Touring」を追加すると同時にガソリン車の安全装備を充実させる改良を行い、2014年9月1日に発売する。

「15S Touring」は日本メーカーの1.5リッターとして初めて自動ブレーキ「スマート・ブレーキ・サポート」とレーダークルーズコントロールを装備する。

他のグレードについても、「20S Touring L Package」「20S Touring」にハイビームコントロールシステムと車線逸脱警報システムを標準装備化、「20S」にクルーズコントロールを標準装備化、「15S」に自動ブレーキ「スマート・シティ・ブレーキ・サポート」と自動防眩ルームミラーを標準装備化した。
(写真:マツダ)

クルマ市場をフォローする

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]