マツダ、内閣総理大臣賞を受賞

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]

第8回キッズデザイン賞(主催:特定非営利活動法人キッズデザイン協議会、後援:経済産業省)において、マツダが最優秀賞となる「内閣総理大臣賞」を受賞した。自動車技術での受賞は今回が初となる。

マツダは子どもの安全・安心に配慮した自動車技術「MAZDA TECHNOLOGY FOR KIDS(マツダ・テクノロジー・フォー・キッズ)」を展開しており、「CX-5」をはじめとする新世代商品に採用した以下の4つの技術が受賞した。

・子どもを発見しやすい前方視界を拡大したAピラーとドアミラー配置

・子どもの巻き込み事故リスクを減らすサイドモニター

・子どもを車酔いさせにくい、スムーズな運転操作の習得をサポートする「i-DM(アイ・ディー・エム、インテリジェント・ドライブ・マスター)」

・子どもによるエンジンの誤始動を防ぐアドバンストキーレスエントリーシステム

(写真:マツダ)

クルマ市場をフォローする

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]